和み座・和雑貨・きもの・京都・嵐山・観光

和み座

くらしの和ざっか・おきもの

和み座店舗イメージ和み座イメージ

トップページおしなものカテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
おしなものカテゴリ
おしなもの検索
キーワード
価格範囲
円〜

嵐山の史跡


祇王寺天龍寺落柿舎二尊院常寂光寺滝口寺野宮神社法輪寺

祇王寺 
祇王寺竹と楓に囲まれたこの草庵は、かつての往生院の境内で尼寺として残り、祇王寺と呼ばれるようになりました。
仏御前の出現によって平清盛の寵愛を失った祇王が妹・祇女、母とともに出家したという『平家物語』の挿話に由来し物語の中では、祇王の身に我が身の将来を重ねた仏御前ものちに現れ4人で念仏三昧の日々を送ったところです。
苔の上に紅葉が降り注ぐ秋の風情は、祇王たちの寂しくはかない心情を物語っているように思えます。

Google MAP 祇王寺

TEL 時間 拝観料 駐車場
075-861-3574 9:00〜17:00
(16:30 受付終了)
大人 \300
小人(小学生のみ)¥100
5台(無料)

最上段に移動
天龍寺 
天龍寺京都五山第一位の寺格を誇る臨済宗天龍寺派の大本山。
夢窓疎石の進言により足利尊氏が創建しました。
嵐山を借景にした回遊式の庭園は、日本で初めて史跡・特別名勝に指定された名園中の名園。
木造釈迦如来像や応永鈞命絵図などの寺宝のほか、明治の巨匠・鈴木松年が描いた雲龍など見るべきものがたくさんあります。

Google MAP 天龍寺

TEL 時間 拝観料 駐車場
075-881-1235 8:30〜17:30
10/21〜3/20までは17:00閉門
※特別公開期間等はHPまたは電話にて要問合せ
一般 \500
小中学生 \300
(室内拝観は、別途\100が必要)
※特別公開は別途拝観料あり
100台(有料)

最上段に移動
落柿舎 
落柿舎芭蕉の門下生である向井去来の住居跡です。
藁葺の田舎家造り、まるで主人がいるかのように門口にかけられた簑と笠が、当時を忍ばせてくれます。

 

Google MAP 落柿舎

TEL 時間 拝観料 駐車場
075-881-1953 9:00〜17:00
(1・2月は10:00〜16:00)
¥200
(学生団体¥100 要事前予約)
なし

最上段に移動
二尊院 
二尊院天台宗山門派。本尊に釈迦如来・阿弥陀如来(重要文化財)の二体あるのでこの名があります。
承和年間に慈覚大師が開き法然上人の弟子湛空が再興しました。
背後の小倉山は紅葉の素晴らしいところです。

Google MAP 二尊院

TEL 時間 拝観料 駐車場
075-861-0687 9:00〜16:30 中学生以上 \500 15台(無料)

最上段に移動
常寂光寺 
常寂光寺日蓮宗禎上人が文禄5年(1596)小倉山に隠棲したのが起こりです。
仁王門から急な石段を登っていくと本堂・妙見堂・多宝塔(重要文化財)が立っています。
京都市内の眺望が素晴らしくまた紅葉の名所でもあります。

Google MAP 常寂光寺

TEL 時間 拝観料 駐車場
075-861-0435 9:00〜17:00
(16:30 受付終了)
¥400 5台(無料)

最上段に移動
滝口寺 
滝口寺『平家物語』の悲恋、滝口入道と横笛にちなんで建てられたお寺です。
平清盛の家臣、齋藤時頼は、建礼門院の雑仕女・横笛に恋をしますが、身分のちがいにより恋叶わず世をはかなんで出家し、滝口入道と号して嵯峨野の往生院に入寺しました。
本堂には滝口入道と横笛の像が安置されており、門前には横笛の歌石があります。

Google MAP 滝口寺

TEL 時間 拝観料 駐車場
075-871-3929 9:00〜17:00 一般 \300・中高生 \200・小学生 \50 なし

最上段に移動
野宮神社 
野宮神社伊勢神宮の斎官に選ばれた皇女が伊勢神宮へ下向する前に身を清めるために籠ったというところで境内の黒木の鳥居と小柴垣は『源氏物語』の賢木の巻にも登場しています。

Google MAP 野宮神社

TEL 時間 拝観料 駐車場
075-871-1972 9:00〜17:00 境内拝観自由 なし

最上段に移動
法輪寺 
法輪寺和胴6年(713)行基が創建したと伝えられています。
本尊の虚空蔵菩薩は日本三虚蔵菩薩の1つです。
4月13日を中心とした日・祝日は年中行事『十三まいり』で盛装した子供達で賑わいます。
おまいりした帰り道、渡月橋を渡る途中は振り返ると授かった知恵が逃げてしまうとされています。
又、12月8日の針供養でも知られています。

Google MAP 法輪寺

TEL 時間 拝観料 駐車場
075-861-0069 9:00〜17:00 境内拝観自由 数台(有料)

最上段に移動


祇王寺天龍寺落柿舎二尊院常寂光寺滝口寺野宮神社法輪寺

小倉山の麓は嵯峨野と呼ばれています。大河内山荘を北上していくと、この地ならではの情感漂う寺院が並びます。紅葉の名所・常寂光寺、芭蕉の門下である向井去来が晩年を過ごした落柿舎、天台宗の古刹・二尊院、平家物語の挿話にゆかりの深い滝口寺など、どこを訪ねても見どころが多いところです。